無料
エロ
動画

2chエロパロ板で細々とエロSS書きに精を出すワタクシメの下書帳&チラシの裏。  よって18禁ね。  ケータイからも書き込めるので、外出中に沸いた妄想をメモっては消してます。

ハヤテ第136話 感想

今回はタマメインってコトで、エロパロ的にはいかんともし難い感じですな。
新キャラもアレですし(汗

てなワケでかいつまんで〜


まずは“友人の妹”ジェニー。
あの容姿はナギの適当な記憶の故なのか、なんなのか・・・
4才って設定だけでもエロパロ的にはアレなのに、あの容姿では・・・妄想はちょっと難
しそうですな(汗
あーでもあの回想は8年前だから現在は12才な訳で、
だから・・・余計に育ってるのか・・・
今後登場する機会があったら一体どんな容姿になっているやらw

んで、彼女の姉に当たるのが公式ガイドにあったナギの三人だけの友達の三人目、なんで
しょうね。
ガイドを読むまではヒナギクがそうだとばかり思ってたんですが、
ナギにとってヒナギクは友達ってよりは憧れの存在ってところなんでしょうか?

まぁ出ていない人は置いておいて、
今回のお話で一番気になったのが伊澄。
正確には今回のお話ではなくBSでの記述ですが、
タマに人語を理解し扱う能力を与えたのが彼女であると示唆されていることです。

伊澄の能力はどんだけ多彩なんだよとか色々思うところもあるワケですが、
そこはまぁ置いておいて・・・まず気になるのは、
伊澄が出会って間もないナギをとにかく気にかけていること。
詳細はいまだ不明ではありますが、
マヤと宇宙船は伊澄の作り出したもののようですし(本人の意識無意識は謎ですが)、
今回はタマに人語を解する力を与えたことが示唆されています。

彼女のせいでナギは暗闇を怖がるようになってしまった。
その詳細も語られてはいませんが、出会って間もない友人をそこまで頑なに護らせようとする程の、
何らかの事件があったということなのか。
それともナギと出会う以前に何かがあって、
誰かを護るということに強く固執するようになってしまったのか。
伊澄はナギをここまで気にかけて、
それでいて当のナギにはまったくそれと気づかせない・・・
そんな伊澄の行動原理が気になる今日この頃です。


そして伊澄はナギをただ護ろうとするだけではなく、
彼女を幸せにしたいとも考えているようです。
単行本で一周目に攻略可能なヒロインの一人として挙げられていて、尚且つハヤテに恋をしていながら、
ナギのために早々に身を引くことを決めてしまった彼女。

それくらいの覚悟なワケですから、
ハヤテがもしもナギ以外の誰かに恋をして、恐らくそれは両想いになるかと思うのですが、
その場合・・・伊澄はボスクラスの壁としてハヤテ達の前に立ち塞がるんじゃないかなー、
とか妄想せずにいられません。

まぁ、その辺は以前黒マリアさんの伊澄編のSSを書いたときにもここで語った気がしますが、
それはあくまで伊澄が“今のまま”でいた場合。
今ちょっと気になっているのが、
ナギの為に自分の気持ちを殺しすらさせてしまう伊澄を、
解き放つエピソードがいつかあるんじゃないかなということ。

伊澄が一周目に攻略可能なヒロインの一人である以上、
最後までナギの為に身を引いたまま、ってのはちょっと考え難い気がしまして・・・
となると、伊澄がハヤテへの想いに素直に身を任せられる条件としては、
?ナギにハヤテ以外のスキなヒトができる
?ナギとハヤテは結ばれてはいけない理由ができる
?伊澄がナギに遠慮する必要がなくなる
のどれかかなーと思うんですが、
正直現段階で?はちょっと考え難いというか・・・
一樹や、ワタルという候補も無いとは言えませんが、今のところ妄想するにも厳しいですしね。
?は、要するにハヤテとナギが兄妹って可能性ですが、
作中でナギの口からそれはないと全否定されてますしねー。
んで、?かな、ってところなんですが・・・
何せ伊澄の行動原理が不明な為、妄想のし様がありませんw


とりあえず、いつもボーっとしているようでなにやらかなり過去に色々ありそうな伊澄のことが、
ちょっと気になる今日この頃なのです。

と、今週号のお話から随分ぶっ飛んでしまいましたが、まぁこの辺でw

コミケ72のハヤテ事情

マグマニでハヤテと絶望先生を買ったついでに夏コミのカタログなど購入したので、
ハヤテ本を出すところをピックアップしてまとめてみたり。
まぁ、自分用のメモみたいな感じで。

7/23 00:55 追記
18(土)で見落とし分及びサークルカットは別ジャンルだけどサイトでハヤテ本を出されると書かれていたサークルさんを追加
ゆりむんさんとか普通にスルーしていた自分に唖然(汗

8/5 09:54 更に追記
大物と言われるサークルさんもハヤテ本を出されるようで・・・
とりあえず17日は普通に仕事なんで買いに行けないんですけどねorz

続きを読む »

ハヤテ第11巻 感想

12巻じゃないですよ?
本当に今更ながらなんですが、4月に出た11巻の感想なのです(汗
すっかり忘れてましたよもう(汗

ま、例によって各話の感想はサンデー掲載時に書いているんで、
かいつまんでな感じではありますが。


まずは11巻第1話。
自分的に、ってか多くの読者にはコナンサンタはどうでもいいでしょうから、
実質ハヤテと西沢さんのホワイトデーに関するフラグの回ってところでしょうか。
実際はホワイトデー前に回収されていますが、
その回収話もこの巻に収録されているので、タイミングが良いといえば良かったのかもですね。


んで第2話。
伊澄がエロいですね。
扉からしてエロいですが、ってかむしろ扉のがエロい気がしますが!
なんかもう誘ってるようにしか見えないんですが!

とか連載当時の感想でも書いてそうだなぁ(汗

まぁ、その後の触手もかなりアレですがw

あと、扉の次のページの咲夜もエロいですね。
・・・じゃなくて、生き残りの妖怪を駆除し様とした伊澄が発した台詞、
「まかせて!! あれは私が…」
ですが、敢えて“まかせて”と言ったということは、
そういわなければ咲夜でもなんとか出来たってことなのかなーと。
この前のサンデーで咲夜が神父を見ることが出来ていたワケですが、
この時点で咲夜がゴーストスイーパーとしての能力みたいなものを身につけていたとしたら、
神父を認識できたのもそのせいなのかなー、なんて思ったり。


第3話の人気投票については・・・今更敢えて触れることもないですかねー
今やってもあまり順位はかわらなそうですが、
アニメ効果でナギが増えるかなー?
あとはもしかすると胸の力で咲夜が、温泉編での一連の展開で西沢さんがそれぞれちょこっと票数を増やすかもですね。


第4話は・・・
マリアさんがエロいですね。
改めて見直してみると、58ページの最後のコマのマリアさんの表情が凄くツボですw
そこから一連の、ハヤテにお尻を触られたと思い込んでいるマリアさんがもう可愛いすぎるw


第5、6話から温泉編、というか伊豆下田編なワケですが、
ここは改めて何か書くことも特に思いつかないのでスルー。
東京駅で危なっかしいナギとマリアさんの様子は好きなんですが、
その辺はサンデー掲載時に書いているだろうしってことで。


んで、第7〜9話。
BSによれば本来はこれを1話に収めるつもりだったらしいですが、
流石に無理が・・・w
サンデー掲載時の7話を読んだときは、
この一連のお話は西沢さんとナギの関係について語られて終わるんだろうと思っていて、
最後にこの二人で熱海でプリクラでも撮るんじゃないかなー、とか妄想していたんですが、
見事なまでに外してしまいました。

まぁでも、この二人のエピソードは随分前のカラオケの回からかなり好きでして、
連載時は凄く楽しく読んでいた気がします。

いつぞやのBSでこの二人について、

>個人的には今後ナギと西沢さんの関係は
>月日の流れとともにキン肉マンの挿入歌
>『See you again, hero!』が似合う関係に
>なっていってくれれば良いなぁ〜と漠然と思っていたりしています。

なんて記述がありましたが、
8話131ページの最初のコマの二人の表情をみていると、
あぁこんな感じなのかなぁ・・・なんて思ってしまいます。
ちなみにこの曲の歌詞ですが、

『敵として出逢い 友と呼び別れる』

ぐぐって探して出てきたフレーズですが、なるほどって感じですよね。


そんな西沢さんとナギとのお話も一旦区切りをつけて、
9話ではハヤテとの旅路。
連載時の感想にも書いたと思うんですが、
146ページの二人の会話が凄く自然で、
ハヤテが敬語のままなんですが、それでもきっと二人がクラスメートだった頃に近い感覚で話しているんだろうなぁ、と思ってしまいます。
そしてその後のやりとりと、見開きでの西沢さんの満ち足りた笑顔、
そして最後のページ。

単行本では最後のところに恐らく西沢さんのであろうモノローグが加えられていますが、
正直なところ自分は連載時の仕様の方がかなり良かったと思います。
単行本で扉(は無いけど、そこにあたるところ)にサブタイトルを入れるのは仕方無いことなんでしょうけど、
サンデー掲載時のラストページの柱にタイトルを入れるやりかたが凄い綺麗に見えて、お気に入りでした。

ただその時に、2chの本スレとかで西沢さんがハヤテを諦めた説が結構出ていて、
そーいう意見に対する補完という意味もあってああしたのかもしれませんね。

自分としてはそろそろ、そのイベントを超えたあとのナギと西沢さんのやりとりが見てみたいところなんですが、
また先になっちゃいそうですかねぇ・・・(汗
なんとなく新学期に入ったら生徒会関連のお話が多そうな雰囲気ありますし・・・

でもヒナギクと西沢さんの問題も未だに解決していないし、
そろそろ何やらあるかもですな。
ハヤテがヒナギクの家に泊まった一連のお話の最後の回でBSに書かれていたコメント

>今年のゴールデンウィークで描いた番外編のような関係には
>まだ遠い今の二人。
>そしてハヤテとヒナギク。ハヤテと西沢さんの関係も
>まだこれから……

そんなゴールデンウィークまでそろそろ一ヶ月と迫っている本編ですが、
これから5月に至る間にヒナギクと西沢さんにどんなことが起こるのやら。
とても楽しみなところですね〜

って、11巻と関係ねぇ(汗


んで、第10話。
ハヤテとマリアさんが温泉に!
ってことでもの凄く期待しながら読んでいたのに思い切り肩透かしを食らわされたなぁ、とか当時思ってた気がしますw
でも、165ページの欠伸してるマリアさんとか
(携帯の待ち受け用に誰か加工してくれないかなと思うくらい可愛いw)、
169ページの「本当に?」のちょっと魔性な感じのマリアさんとか、
信奉者としては十分に目の保養になった回でしたw

あと、このお話で出てきた、
ハヤテと虎鉄の二人がメイド服を着て仕事をするって罰ゲーム・・・
この作品に限っては必ずスルーされることなくやるんじゃないかなぁと、
楽しみなようなそうでないような・・・w


そして最後に11話。
まぁ、こちらも改めて書くことはないのですが、
ハヤテはホント、胸の大きさとか関係無しに13歳は守備範囲外なんだなぁと・・・
てーか、こういう仕打ちを繰り返された末に、
咲夜が意地になってハヤテに色仕掛けするお話とかそのうちやりませんかねぇw


あとはそうですね、中表紙のナギと紫子さん。
特に何か新しい発見があるワケではないのですが・・・
強いて何か書くなら、ナギのあの無防備で無邪気な笑顔。
これまで作中で、ナギのあの笑顔はハヤテにしか見せていなかった気がします。
ナギにとって母親は、今のハヤテと同じくらい大好きで、
大切な存在だったのかなぁ、とか・・・そんな印象です。

まぁ、12巻でその辺のお話は普通にあるワケですがw

そして表紙カバー下の神様マンガ。
“しかし、そんな神様が…!!(つづく、どこかに)”
ってのをすっかり忘れていたんですが、
改めて読み直して、やっとこれがキャラCDのハヤテの巻の帯の裏、
“ここにつづきます”
に繋がっているんだと気付きました・・・

というか、キャラCDあけていきなり
「ここにつづきます」
とか言われても全然意味わかりませんでしたが、やっと理解(汗


最後におまけページのサキさんとワタルは・・・まぁ、あんな感じですが、
これとか先週のこの二人のやりとりとか見ていると、
ワタルには悪いけど自分はワタル×サキさん派だなぁとか思ったり。
失恋したワタルをサキさんが慰めるお話とか誰か書いてくれないものかなぁ・・・

もちろん慰めるのは身体で。

と、なんかダメな感じになってきたところでこの辺で・・・

オンリーイベントいってきました

てなワケで、本日開催されていたハヤテのオンリーイベント、
“ナギナギランド”についてのごく簡単なレポートなど。

アグリゲートっていう、オンリーイベントばかりを集めた合同イベントって形態での開催だった訳ですが、
会場内に10近いオンリーイベントが入っていたせいかあまり“オンリー”って感じはしませんでしたね〜
普段のサンクリなりコミケなりでも同一ジャンルは基本的に固まって配置されているんで、
そーいうノリそのまんまって感じでした。
もちっとなんでしょう、ハヤテ的なカラーが強いモノなのかなと期待していただけに、
“あ、思ったより普通だ”みたいな感じですかねw

まぁ、午前中に出てきてしまったのでもしかするとその後に何やらあったのかもですぐぁ(汗

んで、今回の収穫ですが、
オフセが5冊にコピーが9冊ってところでした。
内容は18禁もあり、そうでないのもあり・・・って感じで。
この前のサンクリとかよりも心持ちヒナギク分が少なめだった気がします。
ってか、ナギメインなのが多かった気が。

あと思ったのが、
のっぴき屋さんとかゆりむんさんとかぺこぽこさんとか、
即売会でのハヤテジャンルでの常連さん達だけでなく、
結構初めて名前を見る方たち(自分が知らないだけかもですが)がいらしたなぁと。
これもまたアニメ化の効果、なんですかねぇ。

しかし、こーいう即売会で同人漫画は普通にならんでますけど、
小説本ってやっぱ少ないんでしょうかね・・・
出しても売れないのかなぁ(汗

ハヤテアニメ第16話 感想

なんか後半がカオスでしたが、ともかく感想など。

原作では42話、単行本5巻1話にあたる今回のお話、
例によって今回も原作どおりでしたね〜
違ったところはパロのあたりと、あとは下校時のヒナギクとのやりとりでしょうか。
原作だとこの後に旧校舎のお話が入ってそこでヒナギクと必殺技云々のやり取りが出てくるワケですが、
その部分の補完ってところですかね。

・・・まぁ、原作でもその後、“気を使った必殺技をヒナギクに披露する”ってところは回収されていませんが・・・

あとはオマケのように出てきたとらのあな、ですね。
なんかネタのようにちょろっと最後に出てきちゃいましたけど、
あれって原作での執事とらのあな編とネタをもろに被せちゃってる気が・・・
もしかしてとらのあな編は全部端折っちゃうのかな、とか思えてきたり。

まぁ、でも今回のCM後の展開を見ていると、あまり深く考えてはいけないような気もしてきますがーw
あまりにも意味不明すぎるw

んで次回はナギのメイド回ってことで、
ストーリーはしばし停滞な感じですかね。
てか、原作で二回連続メイド回が入ったのって、
アニメでのこの展開に合わせてだったりとかそういう意図はあったのでしょうか。
合わせるところに意味があるかどうかは別としてw



んで、例によって箇条書きっぽくハヤコンの感想もー。

今回からショートドラマはカットなんでしょうか?
なんかちょっと残念な感じです・・・

あと冒頭、釘宮さんがあわあわしてるって、遅刻でもしたんでしょうか?w

てか、ヒャダルコは明らかにDQだろーw

あとは・・・白石さん相変わらずナギ好きだなー、とか、
マリアさんのお話になるととたんにやさぐれる感じの二人がちょっと面白かったですw


ううむ、なんかもう例によってグダグだですが、とりあえずこの辺で・・・

じゃあオンリーイベントいてきますー
PROFILE

499

  • 作者:499
  • 2chエロパロ板在住のSS書き見習い。
    主な生息地は某こわ○やスレと某ハ○テスレ。
    ハ○テスレでは名無しですが。

    属性:
    ・我聞×國生さん至上主義
    ・マリアさん信奉者

    まぁ、その割に無節操に書いてる気もしますが・・・
    (特にハ○テネタはw)

    e-mail : for99@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 管理者ページ
Search
DTI ブログ

エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

close