無料
エロ
動画

2chエロパロ板で細々とエロSS書きに精を出すワタクシメの下書帳&チラシの裏。  よって18禁ね。  ケータイからも書き込めるので、外出中に沸いた妄想をメモっては消してます。

久々にシタガキー

そろそろハヤテの始まる時間ですが、おでかけ中につき久々にシタガキー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「さて、優さん。 では我々はお先に退散、ってところでしょうかね?」

少し時間を巻き戻して、優と辻原が我聞達をまんまと観覧車に押し込んだ後のこと・・・

「そうだね〜 後は若い子達に任せて・・・」

優は陽菜や桃子に辻原が言った通りのことをメールで伝え終えたところ。
彼女が携帯をいじり終えたのを見計らって、

「それじゃ帰りますか」

辻原は優を促すが・・・

「ふっふっふ、キミはナニを言っているのだね?」
「はい?」
「折角、若者達と別行動になったというのに、この優さんがすんなり帰途につくと思うのかにゃ〜?」

にや〜っと笑みを浮かべる優の意図が掴めず、

「はぁ・・・」

とだけ答える辻原。
そんな彼に優はおもむろに歩み寄り、

「お子様達もいなくなったコトだし、二人でオトナのアソビと洒落込もうか、ね♪」

先程まで我聞達に向けていたモノに近い笑みを、今度は辻原に向けるのだった―――

ハヤテ124話 感想

更新が遅くなってしまった(汗

それはともかく・・・
前回のBSによれば今回から第三部、ということですが、
その第一回は扉ページの煽り文にもある通り、どこまでも普通な感じです。

・・・まぁ色々と普通じゃない感じのところもありますが、まぁそれはそれとしてw


まず冒頭は新章突入にふさわしく?メインキャラ三人の簡単な紹介から。
笑顔で黒いマリアさんが素敵ですw

そしてナギ、下田であんな体験をして帰宅して、
ちっとはしんみりしてるかと思いきや一晩とおかずにこの発言・・・
まぁ、今回はハヤテの為に、という動機なのでワガママとは違いますが・・・
でもやっぱりアレな感じですw

んで、ハヤテが勘違いしつつもナギの為に駆け出して行ったり、
マリアさんがそんな二人をやれやれ、と見守ったり、
この作品のメインキャラ3人の基本的な構図を再確認、って感じです。


あとはまぁ・・・そんな意味では咲夜が出てきたのはちょっと意外ですかね。
別にタマがそのままついてくる、でも良かった気もしますが、
まぁタマがずっと出張るよりはサクが出るほうが読者的には嬉しいかもですね。
自分は嬉しいしw
あとはBSにもあったとおり、咲夜にハヤテのことを名前で呼ばせるちょうど良い機会、ということだったのでしょう。

んで、柿の木はまぁ・・・いいとしてw
ここでもハヤテの不死身さや化け物じみた強さを描いたりと、
これもこの作品の基本だなぁと。


そんな感じで今回のお話ではあまり妄想は働きませんでしたが、
その分安心して読めるというか・・・w

まぁそれでも敢えて気になるといえば、
ラストページの柱ですかねw
次回のもうひとつのホワイトデーは、いったい誰のお話かなぁと。

とりあえず
?ナギ同様、ハヤテにチョコを貰っているマリアさん
予想、というか個人的に見たい、ってだけですがw
ここで不意打ちのようにマリアさんとハヤテの距離が縮まって、
その辺が第三部のメインとかなってくれないかな〜、とか考えてたりw

んで、
?十分もらったとは言え、やっぱり西沢さん
下田着の直前の回でああも綺麗にまとまったので、
やらないような気はしますが・・・これもまぁ、見たいかなぁとw

あとは、
?BSだったか単行本だったかで微妙に匂わされていた、ワタルを巡るお話
サキさんやシスターからは貰ってそうだし、
もし仮に伊澄からもらってなんていたら、それはそれでかなり大騒ぎな感じでしょうし、
何より伊豆下田編では全くの蚊帳の外でしたからね。
そろそろ出るかなぁ、とか思ったり・・・

ま、予想してどうなるものでもないので、
次週を楽しみにしていますよ〜


ってなワケでこの辺で。
11巻は買ったんですが、今日は帰りが遅かったのでまだ読んでないのです・・・
これも近いうちに感想書かなきゃ・・・

ではではこの辺で。

ハヤテアニメ3話 感想

今週もちゃんと起きることが出来ました、
ってか家具屋さんの配達のヒトに電話で起こされたんですがw

ともかくハヤテのごとく! アニメ版の3話の感想ですが、
今回も基本的に原作準拠ですね〜
パロネタはかなり豊富になってる感じではありますが、
原作の感想でもパロに関しては基本放置なので、
こっちでも流しってことで。


んで本編の感想ですが、
原作だと前回のお話に入っていたナギの
「48の殺人技と〜」
って台詞が今回の冒頭に移ってましたね。
あれ、なんで移しちゃったんだろ?

前回のお話なら、ナギがハヤテに冷たくするシーンの前フリとしてスムーズだったと思うんですけど、
今回の冒頭だとちょっと唐突かなぁ、と。
ハヤテがマリアさんのことを美人だとか可愛いだとか、
そう感じてる描写もかなり省かれてますし、どうなのかなー、とか。

まぁ、それでも敢えて書くなら今回はマリアさんの黒さがちょっと出てて、
そこは良かったなぁ、とか。

はい、信奉者ですからw


あと、初回から毎回ちょこっと出てくる西沢さん。
ほんとにちょこっとではありますが、
年越しソバを啜ってるところがなんだかとっても可愛げでしたね。
彼女の本格的な登場も待ち遠しいですわ〜


後はまぁ、ほぼ原作通りなんで特に書くこともないのですが、
ラストでいきなり時間飛びましたね〜
ああ繋げるのかー、って感じです。

桜ってことは春、てか現実時間での今なんでしょうけど、
これっていきなり原作の時間進行を飛び越してるような気が・・・
次回は白皇に侵入するお話に飛ぶみたいですが、
季節としてはどうなるんでしょうねぇ?
今回のラストからの繋がりで3月くらいの扱いになるのか、
原作と同じ3学期の初めくらいになるのか・・・
まぁ、次回になればわかる事ですなw





んで、今回もついでにってことでハヤテラジオの第2回の感想なんかも。

まぁ、なんですな、
相変わらずハヤテと関係ない感じですなw

とりあえず思ったのは、
ナギの中のヒト、アニメだけじゃなく原作も読んでないんじゃなかろうか、
とかそんな感じですw
ハヤテの中のヒトは結構原作もちゃんと読んでるみたいで、
色々話をふられたりしてるんですけど、
そういう話題の時、ナギの中のヒトはなんか相槌ばっかりな気がw

でもアレです、
基本的にアニメは全然見なかった人間なんで、
声優の話題とか全くわからなかったのですが、
ナギの中のヒト、というか釘宮さん、ですか、
このヒトのしゃべり方が可愛いというのはよくわかりましたw
アニメの初回に実況スレがあんなだった理由がわかったというかw

あと、グッズの話題でハヤテのが無い、ってところでの、
“ハヤテとハヤテの”ってのはちょっと笑ったですw
でも原作絵だったら、
そのうち本当にハヤテ(執事版)とハヤテ(ハーマイオニー)とか出そうな気がw


まぁ、とりあえずそんな感じですかね〜

ハヤテ123話 感想

ある意味予想通り、でも最後まで妄想は外し続けた気もします・・・
でも、そんなことはまぁいいやって感じで。
ちょっとしんみりしながら読みましたが、
たまにはこういうのも素敵な感じです。

ともかく、ハヤテ123話、感想なのです。


今回のお話はBSでも述べられてましたけど、
はっきりとした言葉や台詞を使わない、
ぼかすような、匂わすような、そんな感じで詳細を語らずって感じでしたね。
なんで、背景を考えるとどうしても妄想になってしまうんですが、
やっぱり妄想大好きなんで、今回も妄想を織り交えながらだらだらっと・・・

まずは、頭の整理がてら、まとめて・・・ってことで・・・


・紫子さんとマヤとナギと伊澄と・・・


てなワケで冒頭からですが、
幼きナギの描いた宇宙船、それは彼女から母へのプレゼント、なのでしょう。
紫子さんが彼女の星へと迷わず行くことの出来るよう、
操縦方法や乗組員まで考えた宇宙船。

そんな親友の為に、きっと伊澄はナギの声を、この贈り物を、
紫子さんに伝えさせてあげようとしたんじゃないかと思います。
だけど結果は失敗、ナギは母とお話をすることも出来ず、
暗闇を怖がるようになった―――

けど、本当は成功していた、ってところでしょうか。
ナギが母に送りたかった宇宙船は、空に、星にいる母にちゃんと伝わって・・・
そして、ナギに会いに来てくれた。

先週号で、マヤがハヤテとナギと分かれる寸前に言った、
「ありがと」
という言葉。
改めて読み返してみると、
“なんか唐突に現れてただ帰っていくだけの宇宙人”
としては、情がこもっているというか・・・
そしてその後、ハヤテと夢だか幻だかの世界での会話からしても、
“マヤ”という存在は伊澄の力によって具現化した人形?に、
紫子さんの意思が宿ったモノ、なんじゃないかと思います。

BSで伊澄が力が使えなくなった理由について、
“本人はトラウマのせいと思い込んでいますが実は違う”
とあることから、
恐らくマヤも宇宙船も、伊澄の力で具現化していて、
それだけの力を(無意識に?)発動しているせいで伊澄はガス欠状態に陥って、
力を使えないんじゃないかと思うのです。

そしてそこには紫子さんの“意思”とか“魂”とか、そういうモノが宿っていて、
彼女の命日が近づくとその力が強くなるのかなんなのか謎ですが、
あんな風に具現化する、とかそんなんじゃないかなぁ、と。

そんな妄想を前提として更に妄想を語るならば、
マヤとしてナギの前に現れた紫子さんですが、
自分がナギの前にいつまでもいられないことはきっとわかっていたのでしょう。
だからこそ、ナギに母であることを悟られるようなことはせず、
ナギの為に宇宙にまでも駆けつけてくれたハヤテに、
姿を見せて想いを託したんじゃないかな、と・・・・・・

そして、ナギの台詞
「―――多分マヤならきっとたどり着けたと思うよ」「母の星に」

・・・出会った時点では、あのリアクションからして忘れていたのでしょう。
でも、どうやら多少なりとも思い出したのでしょうね。
そして、だからこそ・・・
今でも彼女が星となり空となり、自分のことを見守ってくれていると感じたのでしょう。



これだけでも、今回のお話、自分(の妄想)的にはかなり読み応えのある感じだったんですが、
他にもちょこちょこあるんで続きは追記に・・・

続きを読む »

ハヤテアニメ 2話 感想

なんだかハヤテのアニメのおかげで日曜日も早起きする習慣がつきそうな感じの今日この頃ですが、
それはともかくハヤテのアニメ、2話の感想なのです。

今回は原作の3〜5話分ってことで、かなり凝縮されてる感じなのですが、
相変わらずパロなネタは飛ばしてますなーw

てかちょっと久々に1巻読み返したら、原作ではガンダムって伏字になってなかったんだなぁ、とか思ったりw

ってまぁ、それはともかく・・・
凝縮されたおかげでマリアさん分が大幅に減ってるのがなんとも残念な感じです。
ナギがハヤテを追い出した後の
「右といえば左・・・」
とか、
ハヤテと混浴したときの
「このまま襲われちゃったり・・・」
とか・・・
黒さとかエロさとかハヤテが惹かれる描写とか、結構削られちゃってますねー

ハヤテがマリアさんに仕立て直してもらった服に喜んでる場面でナギが拗ねるところとか、
前日の夜にハヤテがナギの前でマリアさんと一つ屋根の下で暮らすことに照れてる描写と、
それに対してナギが
「48の殺人技と〜」
なんて感じで怒りを露にするところが無いと、ちょっと唐突な感じです。

まぁでもお風呂でハヤテが血を噴いて、
その後目を覚ました時にハヤテがマリアさんを見て顔を赤く(ちょこっとですがw)していたりと、
台詞の外で一応それっぽい描写とかはありましたけどね。
・・・まぁこれも、お風呂のシーンの後なんで、マリアさんの裸を思い返して赤くなっただけ、かもですがw

とりあえず、先週懸念していたお風呂分は足りていたので取り合えずよしとしますw


そんな細かいお話はこの辺にして、
全体としてはまだ原作にほぼ忠実な感じ、ですね。
てかまぁ原作のあるお話なので原作に忠実なのは当然かもですが、
アニメでのオリジナルな展開に期待してたりするんで、
自分的にはもうしばらく様子見な感じだったりします。

でも、前回に続いて西沢さんがちらりと出てきてるあたり、
彼女のことも結構押してくれてそうでその辺楽しみですわ〜
エンディングでは髪を解いてるお陰で最初は誰かちょっとわからなかったりしたワケですが、
あれも普段とは違う姿を敢えて出している、という意味ではサービスなのかもですしね。

まぁ、エンディングと言えばサキさんが出てないのがちょっと不満だったりするのですがw
なんかサキさんの寝姿がすごく見たい今日この頃なのです、何故かw



んで、アニメの感想ついでにラジオの感想なんかも。
なんていうか、ニコニコで見た(聞いた?)アイマスレディオの印象が強かったせいか、
もっとキャラを前面に押し出してるモノなのかなーと思ってたんですが、
声優さんが素でお話されてる感じでしたね〜
声優さんのファンの方にはいい感じっぽいですが、
自分は普段アニメ見ないもので声優さんとかよくわからなくて、
今後はもちっとキャラになりきったコーナーもあるといいなー、とか思ったり。

会話とか聞いてても、
「そこはハヤテの声で“お嬢様”とか言ってよー」
とか、
「そこはナギの声でやってよー」
とか思ったり思わなかったり。

・・・なんて思いつつも、なんだかんだで聞いちゃったワケですがw
ま、ウェブラジオなんでいつでも聴けるし、
次週以降はもっと“らしく”なることを期待しつつって感じです。


しかし、なんかシタガキをここに書かなくなるとホント、
ハヤテの感想ブログになっちゃいますなぁ、ここ・・・(汗
PROFILE

499

  • 作者:499
  • 2chエロパロ板在住のSS書き見習い。
    主な生息地は某こわ○やスレと某ハ○テスレ。
    ハ○テスレでは名無しですが。

    属性:
    ・我聞×國生さん至上主義
    ・マリアさん信奉者

    まぁ、その割に無節操に書いてる気もしますが・・・
    (特にハ○テネタはw)

    e-mail : for99@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 管理者ページ
Search
DTI ブログ

エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

close