無料
エロ
動画

2chエロパロ板で細々とエロSS書きに精を出すワタクシメの下書帳&チラシの裏。  よって18禁ね。  ケータイからも書き込めるので、外出中に沸いた妄想をメモっては消してます。

2日目シタガキその他用

結局今日も寝坊・・・
昨日の教訓は活かされず、ってーか酒呑みすぎ(汗
とりあえず昨日乗り損ねた電車に今日は間に合ったので良しとします。
では、以下シタガキ-

多分会場についてから、ですが・・・

コメント

こうして見ると昨日のシタガキの進み具合いは異常・・・
ほんと並んでばっかだったんだなぁ(汗

今日はどうなることやらー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「真芝の頃の話になってしまいますが・・・
 あの頃は真芝の管理下にいたとは言え、別に任務中以外は常時管理されていたワケではなかったんですよね」
「ふむ?」
「任務や訓練、あとは実験の被験体とか、これもまぁ実験の一環ですが―――仙核のデータ採取とか・・・
 そんな時以外は、施設内という制限はあっても比較的自由だったんですよ」
「へぇ・・・?」

辻原が語る以前の生活に、優はそんな相槌を打つことしか出来ない。
興味が無いワケではないのだが、何故いきなりそんな話になったのか、優にはまだ見えてこない。

「それで、部隊には男性だけではなく女性もいて、そんな男女が訓練や戦闘に明け暮れる日々を送っているワケですよ」
「あ・・・」

それでやっと、優にも辻原の言おうとしていることがわかってくる。

「娯楽なんて限られた世界で、しかも誰も彼も基本的に荒んでいますからね・・・
 まぁ、そういうコトです」
「な、なるほど・・・」

0829東雲着。
国際展示場駅の混雑がいつも洒落にならないんで最近は東の列に並ぶときは東雲から歩いてます。
それにしても今朝は天気もよくて暖かで、
外で待つにはありがたいコンディションですな〜
歩いてると暑くなるくらいです。
さて、今日も出遅れちゃったけど、どうなることやら・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

優をたじろがせたことで辻原は小さく満足しつつ、
更に重ねて・・・

「そんな感じでしたから、タガが外れてしまうとケモノと化してしまうかもしれませんねぇ」
「う・・・」
「なので、あまりさっきみたいな色気の振り撒き方をされると、優さんも危ないかもしれませんよ?」
「・・・」

とどめの台詞で優を完全に沈黙させて、辻原はこっそりと満足する。
真っ赤になって黙ってしまった優には少々悪い気もするが、
いつもヒトを軽く困らせて楽しんでいる優のこと、たまには逆の立場になるのもいいだろう、
等と思うのだった。
とは言えこれ以上の追撃を加える気もなく、少し惜しい気はするものの、この楽しい時間を終らせることにする。

「それでは優さん、そろそろ・・・」
「・・・辻原君」

1125まだみりおんばんくさんの列に。
列が二回折り返していて、一回目の折り返しは越えたのですが・・・二回目の折り返しのところが見えて来やしないという、恐るべき状況に。
これ、あと1時間くらいかかるんじゃなかろうか(汗

ってか10限らしいけど、普通に完売もありそうで怖すぎる・・・

松雪さんと恋さんに挨拶に行かなきゃなのにー(汗

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「知ったことか―――!」
「ゆ、優さん!?」

優の無茶な物言いと突飛な行動に、辻原ともあろう者が・・・動揺していたのかも知れない。
いきなり飛びかかってきた優をかわすどころか受けとめることも出来ず、
辻原は優もろともベッドに倒れ込む。
それでもなんとかとっさに優を支えようとした辻原だったが、
お陰で優はデタラメに飛びかかった割には体勢が整っていて・・・

「ふっふっふ、私をなめるからこーいうコトになるのだよ!」
「・・・」

仰向けに倒れた辻原の上に、優は首尾よく馬乗りになる。

「・・・」

これはもう、逆らわずにやり過ごすしかない。
優をこれ以上刺激するのはどう考えても得策ではないし、

1015入場列移動開始。
昨日より遅いや・・・
1025みりおんばんくさんの列に並ぶ。
並んでしばらくしてから列が折り返しているのに気付く・・・これ、昨日のbolze.さんより長ぇ(汗
そして動かねぇ(汗
悪夢再びのヨカン・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

小さめではあったが・・・辻原の言葉を遮った声は辻原の考えているよりも、
強いと言うか・・・ある種の雰囲気を帯びていて・・・
明かりを消そうと立ち上がりかけていた辻原は、嫌な予感を覚えながら振り返る。

「なんです、優さ・・・」

果たして、そこにいた優は相変わらず赤面こそしていたものの・・・

「辻原君・・・今、キミは優ねーさんのコトをお子様扱いしたね・・・?」

何かのスイッチが入ってしまった、とでも言えばよいか・・・少なくとも、少しからかい過ぎたことは間違い無いようで、
辻原の小さな満足は大きな後悔へと変わる。

「あー、いや優さん、別にそういうワケじゃないのですが・・・」
「いいや、絶対にそーいうワケだね!
 私よりちょっとケイケンが豊富だからって、優越感に浸ったね!?」
「いやそれは素でありませんから」

1203まだまだみりおんばんくさんの列に。
風が出てきて、日陰で並ぶのが寒くなってきました・・・
2回目の折り返しも越えはしたのですが、あと30分くらいかかるんじゃなかろうか、という状況。
限定数もこの間に10→5→2と減少中で、本当に買えるか心配になってきました・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

当の優に何度も言われたことだが、辻原も健康な男である以上、
この体勢では、流石に問題が出てきてしまう。

「さぁ、どうだね辻原君? 優ねーさんがホンキになれば、これくらい朝飯前なのだよ!」
「・・・わかりました、やっぱり優さんには敵いませんねぇ」
「ふはは、わかったかね!」
「わかりました、よくわかりましたから・・・そろそろ降りて貰えるとありがたいのですが・・・」
「わかってな―――いっ!」

辻原にも焦りがでてきているのか・・・なだめるつもりが、優の怒りの火に却って油を注ぐ始末。

「せっかくここまでしてるのに、全然欲情してないじゃんか―――!」
「いやいや、これでも一応、我慢しているのですが・・・」

辻原の上で暴走しかけていた優の動きがぴたりと止まる。

「ほう・・・?」

出てきましたー

みりおんばんくさんの本は12時半くらいに購入できました。
それから恋さんと松雪さんにご挨拶して、他のサークルさんのハヤテ本を買い漁って
(流石に完売してしまっているところも結構あり・・・無念)、
それから昨日のリベンジに企業ブースへ。
・・・ですが、お目当てのボーカロイドセットは昨日の分が全てだったようで、
ブースには列すらありませんでしたとさ。

まぁそんな感じで今日の予定はこなしたので、帰途に。
あとは千葉のマグマニで先行販売の同人誌とシールブックを買って帰るだけです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

そう言って優がニヤリとするのを見て、辻原はまたしても自分が墓穴を掘ってしまったことを悟るが、
当然それは既に後の祭り。

「では辻原君、こんなことしたら・・・どうかな・・・?」

優は頬の赤みをやや濃くさせながら口元に妖しい笑みを浮かべ、
辻原へのダイブで崩れた浴衣の襟に手を伸ばすと・・・少し躊躇い、だがすぐに意を決したように、浴衣に隠れていた胸元を露にする。

「あの・・・優さん、本気ですか・・・?」
「こ。ここまでやって冗談で済ませられるかー!」

目当てのモノを購入完了。
完全に一人で動くしかない自分みたいなのにとっては、
行列の出来るサークルさんの本をお店で購入出来るのはありがたいですね。
そうでなくても明日は戦場ですしね・・・今度こそ寝坊は許されない(汗

それにしても・・・シタガキの文章ががちょっとまとまり無さすぎる感じがしてきたり。
要編集だなー

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

もはや優の暴走を止める術は無さそうで・・・
半ばヤケ気味に優は浴衣を更にはだけさせ、
辻原の目にはぷるぷると揺れる白くたわわな果実が嫌でも飛び込んで来る。
そんな状況で辻原の出来ることと言えば、せめてそれを見ないようにすることくらい。
だが・・・

「こら―――! ヒトがこんだけ恥ずかしい思いをしてるってのに目を反らすとはナニゴトか―――!」

もはや逆ギレとしか言い様の無い物言いで、優は辻原の顔を両手でつかんで無理矢理正面を向かせ・・・

「―――っ!?」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

クロムハーツ 店舗

ここはおいらの下書帳 2日目シタガキその他用
  • 2013/10/23
  • クロムハーツ 店舗
  • TOP

クロムハーツ ネックレス

私が持っているきサーフィン 3時間として後半の、{ オンライン よりもより多くをまだ|しかし} I 決して 発見どんなあなたのような注目度抜群記事。 S 美しい 値 |私にとっては十分な十分 。 私の考えでは 、すべてのウェブオーナー場合に作られており、ブロガーは優れた コンテンツとしてあなたがしたでしたが、 ネット これまで以上に便利 |もっとたくさん} {便利|そうはるかになります。
  • 2013/10/24
  • クロムハーツ ネックレス
  • TOP

クロムハーツ

かあなたがたいずれかを? ください 許す私理解 |私は 5月 ためにそのように購読。ありがとうございます。
  • 2013/10/31
  • クロムハーツ
  • TOP

ニューバランス 996

あなたは本当に 実際にそれはあなたのプレゼンテーションでとても簡単に見えるようですが、私はこのトピックでは、 の問題を見つけることが本当に 実際に何かた私は理解できないと思います。それはあまりにも思える複雑なと極めて私にとっては幅広い。 私がしているあなたの次のポストのために楽しみに、 私はよを探してそれのこつを取得しようとする。
  • 2013/11/09
  • ニューバランス 996
  • TOP

ニューバランス 996

これは非常に 本当に面白い、 あなたがいる非常に熟練したブロガー。 私が持っている あなたのフィードに入社し、より多くのあなたの偉大な優れたの追求を楽しみにしてポストを。また、 私がしました ウェブサイト私のソーシャルネットワークでは、共有。
  • 2013/11/11
  • ニューバランス 996
  • TOP

シャネル バッグ 新作 2013秋冬

あなたはだ 本当に 良いウェブマスター。 ウェブ 速度です信じられない 。 これは、と思われるはあなたがいる 独特のユニークなトリックいずれかを行うこと。 さらに 傑作傑作 、内容は。 あなたがた 行って A 素晴らしい タスク この中で 問題 。
  • 2013/11/20
  • シャネル バッグ 新作 2013秋冬
  • TOP
PROFILE

499

  • 作者:499
  • 2chエロパロ板在住のSS書き見習い。
    主な生息地は某こわ○やスレと某ハ○テスレ。
    ハ○テスレでは名無しですが。

    属性:
    ・我聞×國生さん至上主義
    ・マリアさん信奉者

    まぁ、その割に無節操に書いてる気もしますが・・・
    (特にハ○テネタはw)

    e-mail : for99@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 管理者ページ
Search
DTI ブログ

エログ

フルHDエロ動画

ライブ配信のお仕事

アダルトSNSモンロー

アダルト動画が見放題

close