無料
エロ
動画

2chエロパロ板で細々とエロSS書きに精を出すワタクシメの下書帳&チラシの裏。  よって18禁ね。  ケータイからも書き込めるので、外出中に沸いた妄想をメモっては消してます。

ハヤテ121話 感想

マリアさぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁん(吐血

とまぁ、冒頭から叫びたくもなる訳ですよ、今回は!
いや、BSで畑先生が期待されてたような爆笑はしませんでしたけど!
代わりに、ニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤニヤ・・・・・・・・・・・・

いや、ほんと家で読んでよかった(汗

まぁ、こういう露出の仕方をしてしまった以上、
本編で温泉に入ってくれることは無さそうなのがちと残念ではありますが、
とりあえず温泉と聞いた時から期待していたカットが見られてもう満足ですよ!


と言うワケで冒頭で満足して終わっちゃうのも難なので、
本編の感想・・・は、なんか今回は(も?)だらだら長いので、
追記にってことで〜





ってな訳で本編感想です。

まずは悪夢?から目覚めたマリアさんから。
てか、あのカラー絵はこういう扱いなのですかw
お色気担当の宿命な感じもしますが、
ともかくそんな悪夢を何か凶事の予兆と感じるマリアさんですが・・・


そして場面変わって、ナギに発見されつつ伊澄の元へ向かうハヤテ。
ここで伊澄がハヤテに語るナギとの出会いとそれから起きた出来事には、
色々と示唆するところは多いのですが・・・
読者視点はともかくハヤテ視点では、確かに抽象的すぎますなw

まぁでもここは読者視点ってことで・・・

まずは「私の母が実の姉のように慕っていた人の娘」。
これが、初穂さんの“紫子姉さま”発言の真実なのでしょう。
初穂さんとナギの母(紫子さん?)が姉妹、という説も本スレでちょこっとありましたけど、
どうやらその線はなさそうです。
(まぁ、ナギと咲夜を従兄弟と明記しておいて、
 今まで黙ってましたけど実はナギと伊澄も・・・なんてことはやらんでしょうw)

んで、次に伊澄がナギと出合ったパーティーについて。
「その母親の退院祝いのパーティー」とあります。
前々回ですかね、ナギが回想する彼女と母親の会話が、
まるで母親が遠からずナギの元からいなくなってしまう、
例えそうなっても私はあなたを見守っている・・・と、
そんな雰囲気の漂う内容でした。
これはつまり、ナギの母親は病弱だったか、もしくは難病を患っていたのかもしれませんね。
単行本のナギの紹介で、両親は事故死とありますので直接の死因とは関係ないのでしょうけど、
三千院の力をもってしても治療できない難病なのか、
それとも“退院”とはその病気を克服して、やっと元気になった矢先の事故だったのか・・・
まぁ、いずれお墓参り(って、未だにこれ予想でしかないんすけどねw)の時にでもちょっとは明かされるかもしれませんね。

てか、ナギの母親の病気がどうこうって本編と関係ないような気もするんですが、
もし遺伝するモノだとしたら、とか・・・
そいやナギの漫画のお話の時に、ナギ(演ずる先輩の奥さん)は病気になってたなぁ、とか・・・

ま、考えすぎでしょうな(汗

んで、以前に伊澄が微かに触れていた、
ナギが暗闇を過度に怖れるようになった理由。
母の死(なんでしょうかね?)という悲劇に、悲しみに暮れるナギを慰めようと、
当時5歳の未熟な伊澄が具体的に何をしたのかはわかりません。
何を呼び出したのか、何を聞かせてしまったのか、それとも他の何なのか、
謎は謎のまま、なのですが・・・

力を使えなくなった理由としてこの話をしたということは、
きっとこの出来事が伊澄にとってもトラウマになって、
毎年この時期になると力が使えなくなるようになってしまったとか、
そういうコトかもしれませんねぇ。

ま、そこについては、後でもちっと触れます。

あと、あまり関係ないですけど鷺ノ宮家内の力関係、
銀華さんがダントツなのかと思いきや、何気に伊澄には勝てないっぽいですなw
ハヤテを半殺しにしているのも全てひ孫可愛さから、だとしたら、
ちょっといい曾お婆ちゃんかもですw


んで、虎鉄は・・・まぁ・・・適当に(汗
とりあえずハヤテの言葉遣いが完全にラフになってるあたり、
相当に限界ギリギリなんだろうなぁとw
それにしてもこの虎鉄、主ほっぽって神出鬼没にも程がある(汗

んで、そこをナギに発見されてからのやりとりなんですが、
ハヤテがナギのことをちっちゃな子供扱いするのはいつものこと。
ですが、ナギに直にそれを言うのって、実は初めてなんじゃないかな、と。

温泉でのあの仕打ちもあって、
かなりナギ自身も気にしていたところをずばっと言ってしまった訳で、
正に逆鱗。
何せ執拗に“ナイスバディ”を求めながら、
しきりに“ハヤテの為に”なんて言ってた気がしますし・・・
そこにあんな事言われたら、そりゃキレるのも頷けます(汗

以前、暫定最終回その2の時もハヤテがナギの怒りを買って、
その時はナギがハヤテをクビにしちゃいましたが、
今回はナギ本人が逃避行動に出ます。
ただまぁその時と決定的に違うのは、
あの時は誤解、今回はそのまんまハヤテの本心、なんですよね。
この一連のお話が無事に終わったとしても、
例えハヤテが命がけでナギを助け出したとしても、
その部分は誤魔化しようもない訳で、
そろそろ・・・爆弾処理が始まるかもしれないなぁ、とか期待してみたりw


そして、ちょっと洒落にならない感じで飛び始める宇宙船。
BSによるとどうやら次週でカタのつく展開ではあるようですが、
一体だれがナギを助けてあげるのか・・・ちょっと色々悩ましいです。

ハヤテが限界ギリギリにも関わらず必殺技を使って助けに向かうか、
限界ギリギリ過ぎて必殺技不発、大ピンチなところで、
ナギを救いたい一心で伊澄の力が復活して、それでなんとかなるのか・・・
(そうなったら、“伊澄の復活にハヤテの血が必要”ってのは初穂さんのおとぼけで、
 単に“ハヤテが限界ギリギリの血を流している状況で伊澄が復活する”という未来視でした、
 なんてオチがつくかもですがw)

でもまぁ、今回のお話からしてなんとなく、
空とか星とかに宿るナギの母親の何かがあるような気もするなぁと・・・

って羅列しすぎですな(汗

まぁでもあれです。
ナギが乗ったと同時に動き始めちゃった宇宙船。
これを動かしたのはきっと雪路ですw

ま、どこまでも妄想なので、適当に切り上げますがw


あと、BSで次週のタイトルを出すのはヒナ祭りのラストの時以来ですな。
ぐぐってみたら、そんなアニメ映画があったようで。
てか、有名なんすかね・・・アニメには疎くて(汗
宇宙と地球での遠距離恋愛の話とかなんとか・・・

どんなことになるのかはやっぱり謎ですが、
あの時みたいなグっとくる展開を期待したいですな〜
なんかもの凄い先が気になる感じですしw

では、そういうことで、この辺で〜

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://499.dtiblog.com/tb.php/484-5b76986f

chrome hearts

ここはおいらの下書帳 ハヤテ121話 感想
  • 2013/10/23
  • chrome hearts
  • TOP
PROFILE

499

  • 作者:499
  • 2chエロパロ板在住のSS書き見習い。
    主な生息地は某こわ○やスレと某ハ○テスレ。
    ハ○テスレでは名無しですが。

    属性:
    ・我聞×國生さん至上主義
    ・マリアさん信奉者

    まぁ、その割に無節操に書いてる気もしますが・・・
    (特にハ○テネタはw)

    e-mail : for99@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 管理者ページ
Search
DTI ブログ

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close