無料
エロ
動画

2chエロパロ板で細々とエロSS書きに精を出すワタクシメの下書帳&チラシの裏。  よって18禁ね。  ケータイからも書き込めるので、外出中に沸いた妄想をメモっては消してます。

ハヤテアニメ第13話 感想

今回は原作での第38話にあたる、
ハヤテが白皇の編入試験を受けるお話。
これまでのように原作の2〜3話をがちがちに詰め込んだりせず、
逆にタマやクラウスの出番を作って尺を稼ぎつつ丸々1話分に集中させた感じでしょうか。

例によって内容は原作準拠、
上記したタマやクラウスの他に西沢さんの食事シーンを除けば、
端折りもなくかなり原作に忠実な展開だったと思います。
そんなワケで改めて感想を書くところもあまり無いのですが、
思ったのはなんでこのお話にそんな時間を割いたのかということ。

これまでのペースなら、
次回の原作第39話『funny bunny』も入れて一話で終わらせられたと思うのです。
それを、西沢さんやタマやクラウスや回想を入れて尺を稼いでまで二話に分けたのは、
今回と次回で一つの区切りにしようとしたんじゃないかなぁと。
次回のお話で白皇に合格して、そこでハヤテは晴れて白皇の生徒となる訳です。
んで、原作でもそうですがその後は物語の舞台も白皇学院メインになってくるワケで、
アニメ的には“第二部”な感じになるんじゃないかな、と。
なので、これまでのお屋敷編、もしくは“第一部”のラストということで、
じっくりやってるのかなー、とか思ったり。

まぁそれなら本来、1クール終了である今回に白皇合格のお話を持ってくる方がすっきりするかと思うのですが、
多分あれです、スケジュールが一話分狂ってるんじゃないかな、と妄想したり。
というのも10話のアニメオリジナル回ですが、
あれってハヤテの中のヒトの白石さんが喉の手術で出演できないからああなった、
っていう話があるじゃないですか。
それは多分予定外の事態で、ハヤテ不在で何とかする為の苦肉の策としてあのエピソードは作り出したと思うのです。
んで、本来なら1クール終了の13話でめでたく白皇合格、
次回からは学園編でオープニング、じゃなくてエンディングも変わります、
みたいな流れだったハズが狂っちゃいましたよ、みたいな。

・・・と、そんな感じなんじゃないかなぁ、とか妄想したりしてました。
まぁ、ここ最近になって回想シーンとか増えてきてるし、
製作が追いついていない、ってだけかもしれませんがーw
・・・回想が多いのはお屋敷編まとめ、ってことで敢えてそうしてるんだとは思いますが・・・
ってかそう思いたいですが(汗

んできっと、2クール目ラストの26話で暫定最終回その2、
『Hayate the combat butler』をやって2部を〆て、
27話のタイトルで
『アニメなのでオープニングが変わります』
とかやってくれたら笑うんですがw


と、いきなり妄想に突っ込んでしまいましたが、
ちゃんと今回のお話の感想もちょっとは書かなきゃ・・・ってことで。

とりあえず冒頭の西沢さん、
あのお店選びの基準はなんだったんでしょうか・・・w
誰も居ないところでのびのびと大食いする、とかそーいう魂胆なんでしょうかねぇ?
なんか西沢さんの普通属性がアニメだとどんどん希薄になってる気がします(汗

あと、ハヤテにお夜食を持って行くマリアさんにニヤニヤしたり、
白皇学院内に路面電車走ってるんだったら、
ナギも伊澄もマリアさんも電車知らないっていう設定が狂っちゃうんじゃない、とか思ったり、
諸々細かいことは思ったりもしましたが、
一番気になったのはラストのところ、
理事長の声でしょうか。
あの絵だと髪型とか何も特徴はつかめませんでしたけど、
とりあえず女性なんだなぁ、とだけははっきりしましたね。
アニメでは、原作ではまだ名前しか出ていないキャラ達も出したい、
みたいなコメントをどこかで読んだ気がするので、
展開次第では理事長さんも出てくるかもしれませんねぇ。
この辺は楽しみなところです。


とまぁ、とりあえずそんなところでしょうか。
全体として、今回は正直ちょっと希薄な印象で微妙な感じなのですが、
まぁいいです。
だって・・・

次回はアレですよ!
アレ!
マリアさんが池のほとりでハヤテを慰めるあの回ですよ!
マリアさん信奉者(むしろマリアさん厨かもしれないw)な自分が大好きなシーンがあるのですよ!
しかも予告でそれっぽい場面まで出てたし!
なんかもう今から楽しみでたまりませんわ・・・


と、感想投げっ放しで思いを次週に馳せたところで、
例によってハヤコンの感想も。
白石さんが前回の冒頭の作文を読むシーンを練習していたときのエピソードで、
それを聞いた釘宮さんが大ウケしているところがなんか可愛くてよかったですw
あと、その後の“ハヤコン”を白石さんが言ってくれなかったときの釘宮さんとか・・・
なんかもうニヤニヤしながら聴いてましたw

しかしこのお二人、ラジオが始まった当初に比べると本当に打ち解けてるってか仲良しな感じで、
とっても微笑ましいですよね。
もう一週間の仕事で疲れた心を癒すのに欠かせない番組って感じになってしまいましたw
しかしお弁当の好きなおかずで、
白石さんがほうれん草とか、釘宮さんがしば漬けとか、
どんだけ渋いんだよとw
ちょっとそこは突っ込みたかったですw

あと・・・ナギのキャラソンのタイトル、『ダメ』って・・・w
そのセンスに脱帽ですよもうw

ではまぁ、この辺で〜

ゲームのこととかおまけのこととか

DSのゲーム体験コーナーに参加すると貰えた、
DS用ステッカーの画像をぺたぺたと。

WHFでもらったもの


写メ画像なんで荒くて見にくいですが、
キャラの判別くらいは出来るかと思います。
んで、写っているのはハヤテとナギにマリアさん、ヒナギクに伊澄に咲夜。
先週号のサンデーでのゲーム紹介だと、
“5人のヒロインと舞台で競演!!”
とのことなんで、この5人がヒロインなのかなー、って感じになりそうですが・・・

って西沢さんがいねぇ!

サンデーでのゲーム紹介を見た時は、
てっきりナギにヒナギク、伊澄と咲夜と西沢さんがヒロインだと思ったんすよね。
マリアさんはアドバイザーみたいな立ち位置の攻略不可キャラなのかなーと、
ちょっと残念な気がしていたのですが・・・
西沢さんが入らないのも・・・うう、悩ましい(汗


そんな悩ましいDS版ハヤテのごとく!ですが、
もう一つ悩ましいことが(汗

まぁ、完全に個人的な趣味のお話なんで追記にしときますがw



続きを読む »

ハヤテ第132話 感想

ついに日曜になってしまった・・・
というか、金曜くらいには仮バージョンで投稿していたつもりだったのですが、
非公開になってました・・・

まぁ、公開できるほど書けてなかった気もするしいいんですが。


まぁそれはともかく・・・
先週のBSで
“今まで一度もスポットが当たっていなかった人が大活躍(?)”
と予告された今回のお話、
クラウスとかあるいは東宮のぼっちゃん辺りがくるのかなーと思っていたら、
一話まるまる朝風さんメインでしたね。
アニメの印象で最近結構見ている気がしてましたけど、
確かに原作・アニメとも三人娘としてでなく理沙ソロで動くのは初めてでした。
そんな彼女の実家の神社でのお話ですが・・・

なんつーか、流石ブラックというか・・・
言動が黒すぎてステキですw
折角初の(だっけ?)白皇制服以外の服装、しかも巫女服なのに、
そこが可愛いとか思うより前に黒さとのギャップに笑ってしまうというw

理沙の黒さにアテられたのか、
執事になってからはほとんど丁寧な言葉遣いを崩すことの無いハヤテですら、
理沙へのツッコミはちょくちょく敬語じゃなくなっていたりして、
なんかもう虎鉄の相手でもしているかのような雰囲気ですw

まぁ、単に状況的にイッパイイッパイなのかもしれませんがw

でもなんだろう、ハヤテが躊躇無くフランクにツッこめる理沙は、
ある意味貴重なポジションにいるような気もします。
苛めて光線全開のいいんちょさんにヒナギクとハヤテの仲を懸念して悶々とする美希、
そしてハヤテに敬語を忘れさせるほど黒い理沙。
このアンバランスな三人組ってなんだかとっても色々出来そうな感じで、
今後も彼女らに上手いこと話をこんがらがらせてくれることをちょっと期待したい感じですねw

・・・と、まぁそんな感じで・・・
日曜までかかってこの程度かってくらい短い感想で難ですが、
なんかこれくらいしか思いつかなくて(汗

まぁ、敢えてコメントするところもありませんけど、
十分楽しかったというか、笑わせてもらいましたってことで一つ!

お出掛け〜

天気も良いのでWHFまでお出掛けなど。
ハヤテのグッズ目当てなら、それこそ始発出動のつもりでないと無理っぽいのですが、
ちょっと仕事の翌日では体力的にムリでした・・・

まぁグッズの方は前回のように通販してくれることを期待しつつ、
とりあえず様子見がてら時間が合えばハヤテの中のヒトの白石さんのお姿でも拝んでこようかと。

んであ、以下シタガキー
・・・というかラクガキですなw
最後まで書くかもわからない今週のパラレルな妄想なのでw

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「どうしていつもこんな目に・・・どうしていつもこんな目に・・・・・・」

相変わらずの不幸属性を存分に発揮して、朝風家の神社の地下牢に幽閉されてしまったハヤテ。
暫くしたら理沙が鍵を開けてくれるのだが、
もしこのとき理沙がもう少し悪戯心を働かせていたら、
そして・・・そんな悪戯が、ハヤテの心に少しずつ鬱屈ししていたモノを刺激してしまったとしたら・・・!

という第132話別ルート
『開運☆欲望神社 朝風理沙しか出ません』

「早く鍵を開けて下さいよ〜」
「まぁ待ちたまえ。 鍵を開けるのはいいが、その前にいくつか質問に答えて貰おう」
「は?」

やっと訪れたと思った求世主の浮かべる不穏な笑みに、
ハヤテ一流の不幸センサーが反応しかけるが・・・

「って何を用意してるんですか―――!」
「なに、気にするな」

理沙はハヤテを助け出すそぶりも見せず、
牢屋越しに叫ぶハヤテの目の前で、悠々とカメラのセットをはじめる。

酔い任せにキャラソンのこととかとか

今日・・・ってもう昨日か、はハヤテの公式ガイドの発売日ですな〜
でも入手は週末になりそうな感じです・・・
明日(6/20)WHFで販売するグッズリストがサンデー公式で発表されるらしいので、
原作絵のオリジナルイラストのモノがあれば土曜日に買いに行って、
(サイン会は応募はがきを送ってから前日消印有効であることに気付いたので間違いなく無理なのでw)
帰り道に千葉で途中下車してマグマニでマリアさんの特典つき公式ガイドを買おうかなー、なんて画策しているのですが、
土曜まで残ってるかしらん(汗


まぁ、そんなことはどうでもよく・・・
帰るのが遅かったせいでなんか寝るのが惜しい、というか酒が呑み足りないのでだらだらしながらマリアさんのキャラソンを聞いてます。
個人的に“かくれんぼ”がかなりツボ。

誰かの秘めた恋心を温かく、優しく紡いであげる・・・

そんな印象を抱く歌詞がお気に入りです。


マリアさんが誰かの恋を応援するとなると、やはりナギのことなんだとまずは思うのですが、
ナギの場合、この歌詞に合うような秘めた恋じゃないんすよね。
何せハヤテラブを全力全開で態度に表しているお嬢様なので。
・・・まぁ、にも関わらずハヤテは気付いてないワケですがw

んで、そうなると誰のことを歌っているのかなぁと思うと、ここはやっぱり・・・
マリアさん自身、なんじゃないかなぁと。

マリアさんがいつか抱くかもしれない誰かさんへの恋心。
そんなことは有り得ないと思う自分、
そんなことを想ってはいけないと思う自分。

そんな彼女のもう一つの内なる声・・・

だったらいい感じだなぁ、とか勝手に妄想していますw
まぁ、“マリアさんがハヤテを好きになる”っていう前提がそもそも完全に妄想なんでなんともですが、
アニメでもしマリアさんがハヤテをスキになって、その気持ちに気付く場面があったとしたら、
是非ともこの曲をBGMにして欲しいなぁとか、
原作でそーいうエピソードがもしも来ることがあれば、
その回のサブタイは『かくれんぼ』とかしてくれたらイイなぁ、とか・・・
うぁ、もう平日だというのに酔いに任せて妄想しまくりですw


ちなみに、作詞をされたマイクスギヤマさんのブログを覗いてみたところ、
この歌詞に関するコメントがありましたので勝手に転載させて頂いてみたり。

> その逆にマリアの「かくれんぼ」に関しては、詞先で4パターンほど出した中のひとつで、
>だいぶ前に、ハヤテのごとくとは関係なく「童謡」として書きためしていた詞でした。
>それがマリアのイメージに合うということで、
>その詞をもとに作品のイメージをあわせながら言葉を足して、完成形となっています。
>表面的にはマリアがナギに語りかけるように歌っている設定で書いたのですが、
>隠しテーマはマリアの幼少期の自分自身へのメッセージだったり、
>何かに臆病になってかくれてしまった心達へのマリアからの応援歌だったりです。
>歌詞は、個人的に「クロゼットの中の高鳴りも〜」あたりが気に入ってます。

なのだそうです。
“幼少期の自分自身”とか、“何かに臆病になって隠れてしまった心達”とか、
色々と妄想を掻き立てる表現が多くて悩ましいところですね〜


と、まぁまとまり無くて(いつもですが)難ですが、
そろそろ明日の仕事が厳しい時間帯になってきたのでこの辺でってことで・・・

とりあえず!
この曲と歌詞はとってもいい感じでした!
ってことでひとつ!

壁|x・)ノシ
PROFILE

499

  • 作者:499
  • 2chエロパロ板在住のSS書き見習い。
    主な生息地は某こわ○やスレと某ハ○テスレ。
    ハ○テスレでは名無しですが。

    属性:
    ・我聞×國生さん至上主義
    ・マリアさん信奉者

    まぁ、その割に無節操に書いてる気もしますが・・・
    (特にハ○テネタはw)

    e-mail : for99@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 管理者ページ
Search
DTI ブログ

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close