無料
エロ
動画

2chエロパロ板で細々とエロSS書きに精を出すワタクシメの下書帳&チラシの裏。  よって18禁ね。  ケータイからも書き込めるので、外出中に沸いた妄想をメモっては消してます。

ヒナギクの想うことは・・・

いつもよりページ数が少ないんじゃないかと感じる位にヒナギクとハヤテのシーンばかりだったって印象なんですが、
それでもいろいろ思わずにいられないハヤテ97話感想です。


いや、元々このシリーズはヒナ尽くしなんですが、
もう今回は完全にメインヒロイン状態ですね。
感想の最初に書いちゃうのもアレですが、なんかもう次週の展開が気になって気になって・・・

まぁともかく、最初はすっかりハヤテと勝負を決するという気になっていたハズが、
少しずつ迷いが生じ・・・
実際に約束の地に来たあとは彼に嫌われているんじゃないかと煩悶するばかり。
ここにきて、ハヤテが現れるまでは勝負のこととか完全に意識してないんですよね。

初めて出会ったときのことも、未だにはっきりと覚えていました。

“言ってくれれば助けに行きますよ”

基本的に万能人間、女性でありながら普通に強い彼女に“助けに”なんて台詞を吐く人なんてそうそういないでしょうから、
それで印象に残ったのかもしれませんが、
それにしても・・・ちゃんと覚えていたんですね。

ヒナギクがハヤテの過去のことに触れたときに、
“初めて会った時から気になっていた”ともあったので、
その辺は恋心とか予感とか、そういう単純な話ではないのでしょうけど、
プレゼントのことがなくとも、
バレンタインのことがなくとも、
ハヤテは出会ったときからヒナギクの心の中に居座ってしまっていたのでしょう。


そうして、自分の中にいるハヤテの大きさを認識した(のか?)からこそ、
3時間も遅刻しやがった上に
“素で忘れていた”
なんて言われたら、そりゃまぁ切れますわなぁ(汗


んで、場面変わって伊澄と神父。
いやー、武器持参は嫌がらせじゃなかったんですなw
しかし伊澄・・・くんずほぐれつとか肉体的接触とか・・・
いや、丁度今書いてるSS的になんかいい感じなんですが・・・w


そしてバトルやげっ歯類は・・・まぁいいとして。
いや、ヒナギクとハヤテのマジバトルもBS読んでてちょっといいかな、とか思ったりなんですが。
てーか、いつかやってくれるんじゃないか、なんて期待もしてますが、
まぁいいとしてw


正宗の効果で感情が昂ぶり、昂ぶりきった末にヒナギクが発露したのは、
涙でした。

自分との約束を後回しにされたことに怒って、
“女の子らしくない”ことを気にして、
バカと言って涙を見せて・・・

ヒナギクがハヤテに求めるのは、恋愛の対象としての男性なのか、
それともただ、傍にいてくれること、なのか。

ヒナギク自身、そこに整理はついていないのかもしれませんし、
もう既に完全に恋愛対象として見ているのかもしれません。

誕生日を“一年で一番大事な日”と言い切るのも、
もしかすると去っていった両親が自分をこの世に産み落としてくれた日として、
本当の両親との絆を感じられるからこそなのかもですし・・・


なんて言うか、今回は色々思うことがありすぎて、
全体としてのまとめが凄く難しくて・・・悩ましいです。
てーか、次週まで読んで初めてオチのつく展開かなぁとも。
むー


ただまぁ、あれです。
ヒナギクがハヤテに対して抱いているのが恋心なのならば、
やはり西沢さんの存在はとても気になります。

もしそうだとして、
そのことをヒナギク自身から西沢さんに伝えるのか、
それとも不意にバレるのかで展開は全然違いそうではありますが、
“Small Two of Pieces”までには紆余曲折を経つつも仲直り、
もしくは互いをライバルと認め合うか・・・それとも、同時に失恋した末なのか・・・
とかとか、思ったり。


あと、ヒナギクが思い返していたハヤテと出会ったときの台詞。
いつか、本当にヒナギクがピンチのときにハヤテが颯爽と現れて、
言ってくれたらイイかもしれない、とか思ったり。

“助けに来ましたよ”

と。
そういうことを妄想したりしてます。


やー、しかし。
ここまで悩ましい展開になるとは。

もともとハヤテの相手には西沢さんがいいなと思ってたモノで
(正直今はマリアさんにかなりシフトですが(汗)、
“西沢さんを応援する”という立場のヒナギクに凄く期待していたのですが、
これはこれで、なんすよね・・・

ともかく、もはや先の予想は出来そうにないので、
ただただ次週を楽しみにしています。

続きを読む »

画廊伝説 公開短すぎ・・・orz

みーのーがーしーたー

という訳で藤木屋さんの画廊伝説・えちぃ編、
見事に見逃しました・・・

てーか6時の時点で既に消えてるって消すのハヤスギデスヨ・・・
プロフ画像のえちぃ國生さんだけは見られたけど、
アレは既に見たことあったし・・・

ともかくまた公開されることを期待しきりですわ・・・


んで、ぱっと見では國生さんとそっくりになった珠。
てーか先生やっぱぶるま好き?
いやあの絵じゃぶるまかどうかは分からないけど・・・体操服好きなのだろうか?w

しかし、珠が高三となると、
我聞達はもう23、4ですよね・・・
最終巻おまけの頃から更に4年ってことで、
もしあの日に我聞が我也を倒すことが出来ていたら、
國生さんとの結婚生活3、4年目な訳か・・・

そして番司が果歩をかけて我聞・我也に闘いを挑むのが最終話の時点から5年後だったハズだから、
そのイベントからも既に2年は経過している訳で・・・

ああ、なんか凄い世界になってるかもしれないんだなぁw
我聞と國生さんには既に子供がいたり、果歩はお腹が大きくなっていたり、とかとか・・・

うう、えちぃ編は見逃したけど朝っぱらから妄想だけは膨らむ膨らむ(汗


そしてSSのシタガキが全然進んでねぇ(汗

藤木屋さん一周年

そういえばそんな時期でしたね〜
当時はまだ我聞連載中でしたっけ、丁度自分がえろぱろSSの世界に足を踏み入れた頃でもあります・・・

珠は威力を補うために足技主体ですか。
女の子は拳よりも蹴りを使うほうが好み(どんな好みだかw)なんでいい感じ。
最終巻のおまけでははっきり確認できなかった胸もプロフ画像では年相応に膨らんできてますけど、
やはり姉がああだと・・・この先は期待薄なんでしょうかねぇ・・・
いや、アレくらいの方がいいんですが!

でも姉と違って妙に育っちゃって、“大きいと動くのに邪魔だよ〜”なんて愚痴るのを、
果歩が死にそうな目で見てるとか、そういうのもアリかも・・・


イラストの桃子も、珠とはまた違った感じに元気そうでいい感じです。
絵的にはラフなんですが、勢いがあってイキイキしてますね。
でも夏休みの友のスキー場面を見る限りだと、
激しく動き出したとたんにしがみついてそうですがw


んで、久々更新の佐々次郎。
後編その18、19になるんでしょうか?
あのまま逃げ切って、佐々木とアイちゃんは音信不通→自然消滅ってなって、
振られたと凹む佐々木を恵が真実を伏せたままからかう、
・・・とかそういう流れかなーと思ってたんですが、
どうやら捕捉されそうな感じですね。
このまま捕まってしまうのか、それとも誰かが横からひょいっと現れるのか・・・
かなり気になる引き方ですw


んで、一周年の國生さん。
やっぱ可愛いです。
基本です。
てーかえちぃ画像が見たいです!
以前プロフ画像になってた、ジャージ姿で明らかにノーブラな國生さんとか!
大きいサイズで!
是非に!

喧騒の後に―――

なんかもう、どこまでも予想が当たらないヒナ祭り編ですが、
本当にいきなりクライマックスな感じのハヤテ96話感想です。

いやー、先週までの段階では、第100回アニバーサリー(?)までに終わるんだかいぶかしんでたんですが、
一気に進んじゃいましたね。
思えばこのイベントの導入もいきなり女装でしたし、
このエピソードは全体的に引っ掻き回しまくってバタバタなイメージでした。
それもまたお祭り故の意図的なモノなのかなんなのか・・・

まぁともかくあれです。
ヒナママどこまで若返るつもりだw
相変わらず“キラキラ”背負ってるしw
てーか雪路とどっちが若いか怪しいぞ既に(汗


んで、なんだか本編大活躍だけど何処までも日陰な虎鉄君。
ナギにダメ出しされながらもちゃんとコーヒーは買って来てあげてるあたり、
やっぱりイイ奴です。
前々回でハーマイオニーが男とわかってブチ切れたと思ったら、
前回ではスキだと言い、
そして今回はスキだったけど裏切ったから叩きのめすと、
やや混乱は見られますが・・・まぁ、既に性別の壁は乗り越えているようなので今後も期待できる感じです。

てーか、西沢さんについでハヤテに積極的にアタックするキャラ二人目誕生、なんですかねぇ(汗
まぁBSでハヤテと同い年の“友達”と言ってますからねぇ・・・
友達は性別を超えた愛で迫ったりしないよなぁ・・・?

BSと言えば虎鉄の苗字は敢えて伏せているとのことですが、
そう言われると妄想せずにいられないわけで・・・
自分はこれを予想ってことで。

倉臼 虎鉄

いやほら、執事の家系とか、女装ハヤテに惚れるとか、
なんかありそうじゃないですか?w
1巻のプロフィールによると独身なんで、まぁ親類とかそんな辺りで・・・

しかしクラウス、奥ゆかしいナイスミドルって設定が死んでますがな・・・(汗


んで、今週の気になったところ、ではないですが、
虎鉄に豪快にケリを入れた後のナギの台詞―――

「ハヤテはなぁ!! 心も体も全部私のものなのだ!!!」


これは、まぁナギとしてはどこまでも当然の台詞でしょう。
そしてハヤテとナギが結ばれる結末であれば、そのままするりと入ってくるわけですが・・・

いやどうも、ハヤテがマリアさんの誕生日、次のクリスマスにステキなプレゼントを―――
というお話を読んで以来、
自分的にはマリアさんENDが物凄い濃厚な気がしてなりませんでして・・・
“自分のモノ”であるハヤテと、ハヤテ以上に近しい存在であるマリアが惹かれあったときに、
ナギはどうするんだろうな・・・とかちょっと悩ましい妄想を掻き立てられていたものですから・・・

そんな訳で、BSにあった

“今回の話には今後の
 物語というかこの漫画の根本に触れるかもしれないある重要な
 鍵がギャグに混ぜてさりげなく組み込まれています。”

という記述ですが、それがこれなのかなー、とか思ったり思わなかったりなのです。

まぁでもそれに関わらずとも、
↑のナギの台詞は少なくとも現在のナギとハヤテのそれぞれが互いに抱いている意識の乖離を如実に表しているなぁ、とは思います。
ともかく、BSのとおりなら物語が正しい結末を迎えるなら、その過程で明らかにされることでしょうから、
今はただその時を楽しみにするのみですな〜


今回はBSを読んでからいろいろ考えてしまうことも多かったですが、
前回のBSでも、今週のお話と対になる―――という記述がありましたね。
その“対になる”点については今週のBSで明かされるかとも思っていたのですが、
モノの見事にノータッチ。
まぁ、自分が思った限りでは、

大観衆の前で歌うヒナギクと群集の注目を一身に集めながら駆け抜けるハヤテという、騒がしく賑やかなお祭りのなかの二人と、
月明かりに照らされた生徒会室で誰の目にも触れず向かい合う二人・・・

と、そういう対比なのかなぁ、とかとか・・・

次週、どうなるんでしょうねぇ・・・
ちょっと予想できません。
ただでさえ予想が外れまくってる今回のエピソードですが、
それにしても特に(汗

ハヤテとヒナギクが恋愛話に入るなら、西沢さんがいて然るべきかとも思うのですが、
流石に乱入する気配も無いし・・・
まぁ、西沢さんのいないところでそういう話になって、
彼女に対する負い目を負ってしまいつつ、今後も悩むヒナギク、というのもありかもですが・・・
とりあえず過去のこととか話したりするのかなぁ、とか・・・
いや、ホント予測がつきませんが・・・それだけ次週が楽しみです。


ま、あとはなんつーか。
先週と今週の対比といって一つ思いついたのが、
前回冒頭を飾った年齢詐称疑惑のマリアさんと、
今回冒頭の年齢不詳キャラと化したヒナママ。
それも、なんつーか、まぁ・・・対比?

いや! 自分はマリアさんは17歳だと心のソコから信じてますからね!?
いやいやマジで!
マリアさん信奉者ですから!
ホントですって、いやマジで!

ハヤテ第8巻 感想

という訳で二日遅れですが、ハヤテ8巻の感想です。

といっても感想は本誌掲載時にも書いてるんで、今更細かく書くこともないのですが、
とりあえず自分的8巻見所としては・・・

やっぱ制服マリアさんしかありえないでしょう!
誰がなんと言おうがステキです!
似合ってるんです!
なんかあの一連のお話の中で浮いちゃってる気もしますけどいいんです!

単行本になったらなんか見えてるし!


と、それはともかく(汗

インパクトとしてはマリアさんがダントツなんですが、
エピソードとしてはやっぱりヒナギクと西沢さんのお話が好きです。
西沢さんのハヤテへの想いの強さとか、
その想いに打たれて彼女を応援すると約束したヒナギクの格好よさとか、
お気に入りの場面が多いお話ですね。

ただ、当時の感想では、
ヒナギクがハヤテの過去を知ったことで、
彼への恋心かもしれないと感じていた悩ましい気持ちが彼への共感だったと分かり、
それでヒナギクはハヤテへの恋愛感情はとりあえずなくなって、
完全に西沢さんの応援に回るとばかり思ってたんですよね。

でも本誌で現在進行形のお話では、ヒナギクは相変わらずハヤテへの気持ちで悩んでいる訳で、
やはりその気持ちは恋なんじゃないかと思わずにいられない、
そんな状況です。

んで、この回の載った週のBSで、二人の関係を
“今年のゴールデンウィークで描いた番外編のような関係にはまだ遠い今の二人”
と書かれているんですよね。
これ読んだ当時は、どう違うのかイマイチわからなかったんですけど、
改めて巻末収録のSMALL TWO OF PIECESを読み直してみた感じ、
ヒナギクと西沢さんが“応援する/される”関係から、
対等な“親友”になってる、ってことなんでしょうか。

それはつまり“応援する”と宣言したことで西沢さんに遠慮して、
自分の気持ちを抑え込んだまま友人として彼女と付き合うのではなく・・・
(ヒナギクがハヤテに抱いているものがやはり恋心だったのならば、ですがw)
ヒナギクはハヤテへの想いの丈を隠すことなく全て西沢さんに打ち明けて、
西沢さんもそれを裏切りではなく、誠実さと受け止めて・・・
そんな風になるのかもしれませんね。

まぁ、そうなったとして、ヒナギクが自ら進んで西沢さんに告白するのか、
それとも西沢さんがヒナギクの想いを見抜いて、そう促すのか・・・

いや、もう完全に妄想ではあるんですけど、
何でこんな妄想に陥ったかと言いますと、
件のエピソードでヒナギクが西沢さんに
“私はあなたを応援するわ”
と言ったコマで、ヒナギクは西沢さんに握手を求めているように見えます。
ですが、西沢さんはそれを握り返した様子はありませんよね。
んで、いつか・・・親友としてなのか、ライバルとしてなのか、
ヒナギクからか西沢さんからかもわかりませんけど、
いつかもう一度こういう場面が出てきて、
そしてその時はちゃんと差し出された手を握り返すんじゃないかなぁ・・・
とか思ってみたわけです。


と、どーもこの二人の話になると妄想逞しくなってしまって文章が長くなって仕方無いですが、
ともかく8巻の印象はその辺がでかいですなー。
あとは巻末おまけでいいんちょさんのいじめられるのスキ発言がそんなに反響あったんかい、とか(それで最近出番がめっきり増えたのかなーw)、
裏表紙カバー裏のイベントで、
ナギやマリアさんの好感度が高かった場合ってどうなるのかなー、とか、
そんな感じですw

あとは背表紙に全く登場しないマリアさんとか・・・
てーかヒナギクも西沢さんも差し置いてタマや理沙ですからね、
なにかきっと意図があるんでしょうけど・・・

まぁとりあえず、自分の妄想的には最終巻の背表紙はウェディングドレス姿のマリアさんってことになりました。
つい今ですが。

ではなんかぐだぐだですがそんな感じで。
PROFILE

499

  • 作者:499
  • 2chエロパロ板在住のSS書き見習い。
    主な生息地は某こわ○やスレと某ハ○テスレ。
    ハ○テスレでは名無しですが。

    属性:
    ・我聞×國生さん至上主義
    ・マリアさん信奉者

    まぁ、その割に無節操に書いてる気もしますが・・・
    (特にハ○テネタはw)

    e-mail : for99@hotmail.co.jp
  • RSS
  • 管理者ページ
Search
DTI ブログ

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

close